上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

こんばんは^^
画像 152

仕事を頂いている方との遠征から 火曜日に帰ってきました

予定では水曜日までの計画でしたが。。。

遠征の様子と 釣果は?



月曜日の昼過ぎに出発予定だったので、午前中で仕事を終わらせる為に 早朝より仕事。

用事がある時に限って 仕事にアクシデントがあったりする物ですw
12時頃 集合予定でしたが 13時に集合場所へ到着・・・

道具を先方の車に積替え 出発したのは14時過ぎでした。

高速道路使っての安全運転でしたので、現地到着は17時過ぎ。
夕食の買い物、釣具屋さんでコマセ購入後、先週 大漁だったポイントへ到着したのは18時頃です。

時合いまで残り少ない時間なので大忙しで準備します。
知り合いの方は、かご釣りが初めてだったので しかけ作りなどは すべて私が担当なので かなり忙しです。

先週までは姿を見なかった たぶん「コノシロ」だと思いますが 釣れます。
以前は コノシロ持ち帰って食べたのですが 小骨が多いので 家では贅沢にも不評です。
大アジがメインなので 今回コノシロには海にお帰りいただきます。

同行者を見ると 何か釣れている様子で 竿が曲がり格闘していますw

すぐサポートに行きましたが根がかりしている様子。

話を聞くと 浮きが沈み 魚が走ったらしい。
使っている仕掛けが8本針なので、初心者だし良くあることです。
まだ 魚がかかってる感じですが アジでもコノシロでもない様子。

糸が切れ 根がかりも外れた瞬間 魚が ジャンプ!

え???

その姿は 50cm位はあり 赤い姿・・・

真鯛でしたが このタイミングでのジャンプと言い 針にかかったのは 真鯛???

黒井周辺で 60cm以上の真鯛の釣果を聞く今、否定する要素も無く、
3mほど前方で 始めて見た 大きな真鯛のジャンプに 呆然としながら 感動w

冷静になり、何が起こるか想像が出来ないビギナーズラック的な出来事に 笑うしかないですw

笑っていても 仕方が無いので 同行者の仕掛けを作り直したりと 大忙しです。

メインは同行者さんに楽しんで頂く事なので、自分の竿に集中することも少なく、時合いが終わり。

コノシロは全部リリースし 大アジ1匹で 時合い終了。

こんな釣果のポイントじゃないのに><

暗い中、先端の方へ様子を見に行くと たくさんいらっしゃった釣り人も 少なくなり 移動できそう。

同行者と どうするか話しましたが、今までテトラ帯だったので、怖いこともあり港内に移動することになりました。

運が良く 偶然にも沖でイルカが出れば 港内でも釣れるかもw
な~んて 思いながら 撤収し移動w

熱いポイントとは言え、初心者の方が テトラ帯での夜釣りは 危ないし怖いですよね
何かあっても困るし。
自分の ポイント選択ミスかな

でも 大アジシーズンも終盤なのに 港内じゃ釣れる確立はかなり低いし 釣れない釣りほど つまらないものは無いし・・・


考えた結果 22時頃には 港内東埠頭へ到着。

東埠頭も 沖側は 作業船が停泊してバリケードしてあり、釣りのできる場所は埠頭内の半分程度

入る場所が無く、入れたのは 立ち入り禁止堤防の東側
のんびりビールを飲みながら アウトドアを楽しみます^^;

状況は フグばかりです。

時々豆アジが 隣の人に釣れるぐらい。
自分達には針が大きくフグはかかりません。

時間も遅くなり(早朝?)同行者は睡眠。

朝になり何も釣れないまま 隣の釣り人は 豆アジ数匹と 大アジ(中かも)1匹。


昼間は 夷浜へ キス釣りに出かけました。

今はキスが接岸していて ちょい投げで数釣りが楽しめるとの 釣果情報w

良い天気で 水も濁り無く とても気持ちが良いですw

二人で ウトウトしながら 楽しみますw

2時頃までで 同行者がキス2匹で 終了。

早めに撤収し、時合いに備え、港内でも 大アジの釣果が熱かった 風車前へ移動。

自分は 初めて入りましたが 水深が東埠頭に比べ2~3m深いですね。

場所によっては 根がかりもあり 同行者優先で作業します。

いつもだったら 時合いの時間に入りますが 何事も無く 根がかりを外したり 仕掛けを作り直したりと 時間が過ぎていきます。

結局20時まで釣果ゼロ。
明るい時間は コノシロとキスが ポツポツ上がってるのを見た程度 

もう1日釣る予定でしたが、港内では釣果が無いと判断し、これにて終了にしました。


港内の大アジシーズンは 終了を感じました。
スポンサーサイト

記事のコメント

コメントの投稿
powered by
3ET

FC2カウンター

検索フォーム

QRコード

QRコード


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。