上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

こんばんは
画像 018
(↑GW中の時合い待ち風景)

ここ数年の直江津内、あちこちの埠頭が立入禁止となり、限られた広さでの釣り場で、
ある一定の時間に 大アジが回遊してくる時合い中、釣果を如何に伸ばすか、連日考えています。

先日ブログで書いたhttp://kitaumituri.blog83.fc2.com/blog-date-20110516.html、私が感じた
「直江津港大アジ釣りでの時合い中の投光器の疑問」
(一つ前のブログの後半) です。
連日の港内での私の周囲を見て、様子を考慮し、回遊してくる大アジを散らしてしまっているのでは?
周囲の人達が協力し合えば 周囲の人達みんなで釣果を伸ばせるのでは?



当ブログを訪問した方より 気になる情報を拍手からのコメントで頂きました
拍手コメントは、コメント欄からのコメントと違い 公表開示が出来ないので、本日のブログにて紹介します。 


投稿者 : 直江津港隣人の釣人 さん
コメント: 投光機の記事に同感です。昨年も同じような事がおきたことがありまして、30cmオーバーの大アジが入れ食い状態だったのに周りで投光機をつけたとたんにパタりと止まり不思議に思ったしだいでした。私の周りで投光機を点けている人に足元にて照らしてもらうようにお願いして釣りを続けました釣果はいまひとつ伸びませんでした。



直江津港隣人の釣人さん 貴重な体験談ありがとうございました m(_ _)m
私と同じ経験をされ、同じ疑問を持たれてたんですね~

夜釣り=投光器と 決まったアイテムに考えている方も多いと思いますが、
釣果の良い日もありますが、1匹2匹が釣れるのが精一杯の日もあります。
直江津港内では 明るい時間から暗くなってからの時間までが時合いとなっているので、釣果渋い日もあります。
釣れる日は コマセが無くても 入れ食いになるぐらいなのですが、
渋い日は 特に投光器の悪影響を感じる気がします。
毎日時合い中に 陽が落ち空が暗くなりますが、広い構内なのに狭い釣り場で 明るい投光器の一斉投光は 寄ってる大アジを散らしちゃう事って無いのかな???
数日間毎日 釣りして感じた事ですし、他の方も感じてらっしゃる事なので やっぱり影響あるのかもと思います。

スーパーのパックでは 御眼にかかることが出来ない40cm級の大アジを 丘ッパリで釣れる 期間限定で尚且つ時間も限定される釣りです。

「夜釣り=投光器」夜釣りには有効手段ですが、この季節 投光器は時合いが終わってから投光器を使った方が、
釣果を伸ばす有効手段なのでは??

5月に入り遠征した時、港内で身近な様子を見て感じますが、
連日 夕方から始まる時合いに挑戦したいが為に、今の時期昼間の釣果がほとんど渋い中 夕方を待つ釣り人がとても多くいらっしゃいます。

投光器を海に持って行けば 使いたい気持ちも良くわかりますが、釣り場が狭い直江津港内に釣り人が集まる中、
両隣に 「投光器大丈夫ですか?」
と聞くのも マナーなのかもと 感じるようになりました。

せめて この時期だけでも 時合い終了後に 使っても 釣果を伸ばす為には有効なのかもしれませんね

大アジもそろそろ終盤戦?
周囲みんなが釣果上がる方法を模索していきたいです。


先週と違い、今週は温度も高く好天が続き・・・
あw 読んでゴールデンウィーク並みの混み入りになるのも 何かと大変なので これ以上書くのやめておきます^^;

この時期の短い時合いで 良い魚の良い釣果目指し みなさんお互いに頑張りましょう!!
スポンサーサイト

記事のコメント

コメントの投稿
powered by
3ET

FC2カウンター

検索フォーム

QRコード

QRコード


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。